スポンサーリンク

20160911-top

パナソニックの食洗機を利用する場合で、三栄社の分岐水栓(B98-AU1)を購入する際、同時にニップル(PT3320)の購入が必須な理由を分かりやすく説明します。

こんにちは、管理人のうみにん(@11tejun)です。

三栄社の分岐水栓(B98-AU1)を購入され、パナソニックの食洗機を設置しようとしている人にとって、ニップル(PT3320)が必須かどうか悩むポイントではないでしょうか。

しかも、WEBブログや商品説明ページでは「本当にニップルが必要な物なのか」について書かれているページが無いのが現状です。

そこで今回!

パナソニックの食洗機と三栄社の分岐水栓(B98-AU1)を購入する方向けに、ニップル(PT3320)の購入が必要かどうかをわかり易く説明します。

スポンサーリンク

分岐水栓(B98-AU1)にニップル(PT3320)は必須

まず、この記事を訪れている方は「ニップルが必要かどうか」という疑問を持っている方が大半だと思いますので、先に結論をお伝えするとニップルは必要です。

なぜニップルが必要なのか、理由が気になりますよね。

次の章で写真を用いつつ、説明します。

スポンサーリンク

ニップルが必要な理由

ニップルが必要な理由は、食洗機の浄水ホースと分岐水栓(B98-AU1)の形が異なるからです。

写真左側のパナソニック食洗機の浄水ホースはワンタッチでロックされる形状をしています。一方、分岐水栓(B98-AU1)はネジ型となっています。

これでは、結合できそうに無いですね。。

img_0492

ニップルが食洗機と分岐水栓の仲介役

前述のとおり、パナソニック食洗機の浄水ホースの形状と分岐水栓は形状が合いません。

そこで登場するのがニップル(PT3320)です。

次の写真の通り、ニップルの右側はネジの凹となっており、分岐水栓の凸と形状が一致します。

よって、取付けはネジのようにニップルを回すだけです。

img_0493

次にニップルの左側の写真を載せます。

img_0496

ニップルの左側は凸形状でパナソニック食洗機の浄水ホースと形状が一致します。

よって、分岐水栓(B98-AU1)にはニップル(PT3320)が必要不可欠なのです。

 

購入おすすめサイト

最後に、分岐水栓とニップルのオススメ購入サイトを載せておきますね。(私もここで購入しました。)

是非一度、ご覧ください。

三栄 分岐水栓(B98-AU1)

 三栄 ニップル(PT3320)

 取付けに必要な工具「水栓プライヤ」

 ソフトパッドが付いた「水栓プライヤ」

まとめ

さてさて、分岐水栓(B98-AU1)を購入する方が共通で悩むであろう「ニップル(PT3320)の必要性」について、説明してきました。

出来るかぎり写真を用いて説明するよう心がけましたので、ニップルが必要な理由が理解しやすかったのではないでしょうか。

食洗機の購入は初期投資がとてもかかるものですが、実際に使用し始めると「購入してよかった!」と思える商品ですので、あともう一息頑張ってくださいね。

コメントやブックマークをお願いします!(*^^*)

share1

今回の記事は少しでも役に立ちましたか?

もし気になっている情報が見つかった場合は「ありがとう!」や「これで安心して食洗機を購入が出来るよ!」等の喜びの声を、このすぐ下のコメント欄にお願いします!

最近、コメントをいただける方が増えていているので、うみにんはとても嬉しいです。

この記事を読んでいるあなたからのコメントをお待ちしてます!

以上、うみにんがお伝えしました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたへのオススメ記事