スポンサーリンク

20161201-top

この記事では、Apple社より2016年11月20日に公開されたiPhone6sのバッテリー交換プログラムについて、対象機種かの確認方法や具体的な交換方法を分かり易く説明します。

こんにちは、管理人のうみにん(@11tejun)です。

iPhone6sの発売以来「電池の残量があるにも関わらず、気がつけばシャットダウンしていた」という声がネット上で話題になっていました。

この記事を読んでくださっているあなたも経験があるのではないでしょうか?

そして遂に2016年11月20日、Apple社ホームページにて、リペアエクステンションプログラム(無償交換プログラム)を開始する旨が発表されました。

しかし、公式ホームページの文章は英語のみで、具体的な電話のかけ先や交換手順について分からない方も多くいると思います。

そこで今回!

iPhone6sをお持ちの方向けに、ご自身のiPhone6sが無償交換プログラムの対象かどうかと、交換対象だった場合の具体的な交換手順を説明します!

スポンサーリンク

リペアエクステンションプログラムとは

office-620817_1280

リペアエクステンションプログラム(以下、無償交換プログラム)とは、簡単に言うと「リコール」の事で、Apple社からiPhoneのバッテリーや本体の交換サービスを受けることが出来ます。

iPhone6sの製造メーカーであるAppleは2016年11月20日、一部のiPhone6sに生じている「突然のシャットダウン」に対して、 無償交換プログラム「iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues」を開始しました。

スポンサーリンク

【対象】2015年9月・10月に製造されたiPhone6s

iphone-410324_1280

今回の無償交換プログラムの対象は、全てのiPhone6sでは無く、「2016年9月10月に製造されたiPhone6s」のみです。

【確認方法】無償交換プログラムの対象かどうかの確認方法

無償交換プログラムの対象か否かを確認する方法は以下の3パターンです。

①Appleストアでの確認
②Appleサービスプロバイダ(正規代理店)での確認
③Apple Technical Support(以下、「アップルサポートセンター」)での確認
④無償交換プログラムの特設ページ「iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues」にてシリアル番号を入力して確認

①について、来店予約はコチラの[Apple公式サイト]から行うことが出来ます。
②について、自宅から最寄りの店舗検索は「Apple公式サイト」の[サービス]で検索する事が出来ます。

現在、シリアル番号を入力して無償交換プログラムの対象かどうかを確認するページはありませんので、店舗へ直接または電話での確認を行う必要があります。

2016年12月3日現在、シリアル番号を入力するだけで交換対象かどうかを確認出来るようになりました。

この記事では、「③のアップルサポートセンター」と「④無償交換プログラムの特設ページ「iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues」」での対象有無を確認する方法を記載します。

【事前準備】シリアル番号かIME番号を確認

まず、事前準備としてご自身のiPhoneのシリアル番号とIMEI番号をメモしておきましょう。

具体的には以下の図の通り、[設定]→[一般]→[情報]で確認する事が出来ます。

20161201-01

※IMEIとは、International Mobile Equipment Identifierの略で、携帯電話が1台ずつ持っている「国際移動体装置識別番号(端末識別番号)」の事です。

それでは準備が完了したので、アップルサポートセンターへ電話をかけましょう。

【交換手順1】 アップルサポートセンターへ電話で聞く場合

アップルサポートセンターへ電話をかける

アップルのサポートセンターに電話をかけます。

サポートセンターの電話番号は0120-277-535です。

 自動応答メニューで1(iphone)を選択

iphone-410311_1280

サポートセンターに電話をかけると自動応対システムにより、問い合わせ対象のメニュー番号を入力するように促されます。

ここで「1(iPhone)」を押します。

するとオペレータの呼び出しへを進みます。

※土曜日に電話をかけると5分程でオペレーターに繋がりました。

【交換手順3】 オペレーターにシリアル番号かIME番号を伝える

オペレータに繋がったら「iPhone6sのバッテリー無料交換プログラムの対象かどうかを確認したい」旨を伝えます。

そして、事前に調べておいたシリアル番号、または、IMEI番号をオペレーターへ伝えます。

数秒でバッテリー無料交換プログラムの対象かどうかを教えてくれます。

ちなみに、うみにんのiPhone6sは2台共、交換対象でした。

【交換手順2】無償交換プログラムの特設ページで確認する場合

無償交換プログラムの特設ページ「iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues」で交換対象を確認する場合の手順を説明します。

シリアル番号を入力して、[送信]を押下する

以下の画面にシリアル番号を入力し、[送信]を押下してください。

screenshot-2016-12-03-5-39-22

交換有無を確認

以下の画像の通り、「本プログラムの適用対象です」と表示が出れば、交換対象です。

screenshot-2016-12-03-5-40-05

【交換手順3】 交換対象だった場合の選択肢

交換対象だった場合の選択肢は、①アップルストア&代理店対応か②工場対応の2種類です。

それぞれの特徴を簡単に以下に纏めておきます。

パターン交換物所要日数持ち込み方法
①アップルストア&代理店対応バッテリー交換即日対応来店
②工場対応バッテリー交換約1週間配送業者を利用した無料集荷

!!!!!当記事において「本体交換対応」という記載がありましたが誤報です。正しくは「バッテリー交換対応」です。代理店の方や皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。本当に申し訳ございません。!!!!!

【交換手順4】 代理店の来店予約を行う

まずは、代理店にて交換予約を行いましょう。

自宅から最寄りの店舗検索は「Apple公式サイト」の[サービス]で検索する事が出来ます。

screenshot-2016-12-01-23-02-17

上段に郵便番号や住所を入力し、下段はドロップダウンで「iPhone」を選択します。

screenshot-2016-12-01-23-03-52

修理を依頼する店舗が見つかったら「修理の予約が可能」ボタンを押下します。

すると要件を聞かれるので「バッテリー、電源、および充電」を選択します。

screenshot-2016-12-01-23-08-32

次に、「予期せぬ終了/再起動」を選択します。

screenshot-2016-12-01-23-08-38

最後に「スキップ」を選択します。

screenshot-2016-12-01-23-11-31

すると、必要とするサポートの種類を聞かれるので、「持ち込み修理」を選択します。

screenshot-2016-12-01-23-12-56

AppleIDでログイン後に以下の画面が表示されるので、希望日時を選択します。

この日付を押した瞬間に来店予約完了になるので、慎重に操作を行ってくださいね。

間違って予約してしまった場合は、「キャンセル」ボタンを押下すればスグに取り消し出来ます。

screenshot-2016-12-01-23-23-24

以下の画面が表示されたら来店予約が完了です。

screenshot-2016-12-04-7-32-10

 

【交換手順5】iPhone6sのバックアップを取得

来店までに現在のiPhone6sのバックアップを取っておく必要があります。

iTunesを利用すればワンクリックでバックアップを取ることが出来ます。(新品の本体に戻すのもワンクリックです。)

バックアップの具体的な手順は、過去に取り上げた[【徹底解説】たった5STEP!iPhone5sからiPhone6sへデータ移行する方法]が活用出来ます。

ぜひご参照下さい。

【交換手順6】予約店舗でバッテリー診断を受ける

iphone-651349_1280

待ちに待った来店の日です。

予約した店舗へ行き、まずはiPhone6sのバッテリー性能状況を専用の診断ソフトで確認してもらいます。

次に、iPhone6sのバッテリー自体が物理的に膨張していないかを確認してもらいます。

この検査を行わないと、正式にバッテリー交換プログラム対象かを判断出来ないそうです。

診断結果は「バッテリー交換」とのことでした。

【交換手順7】バッテリー交換(修理)予約を行う

前述の通り、バッテリー交換プログラムの対象と判断されたわけですが、スグに交換出来ない場合があります。

「2016年12月現在、iPhone6sバッテリーが世界的に枯渇していて、現在何十人が入荷待ちの状況。次回入荷予定が未定」と案内されました。※店舗によって状況に違い有り。

よって、バッテリー入荷待ち行列に並ぶ必要があります。

※店舗にバッテリー在庫がある場合はこの手順を省略して下さい。

【交換手順8】バッテリー交換を受ける

blogger-336371_1280

実際にバッテリー交換を受けます。

まず、「iPhoneを探す」をOFFにしていることと、「バックアップが確実に取れていること」を確認しておいたほうが良いです。

「iPhoneを探す」を解除する理由は、修理受付時にご自身のiPhoneの状態を診断するためです。

「バックアップが確実に取れていること」を確認する理由は、個人情報保護の観点からiPhoneを代理店へ預ける際、本体をオールリセットする必要があるからです。

バッテリー交換作業の所用時間は1台約45分です。私は2台で1.5時間かかりました。

「バッテリー交換になんでそんなに時間がかかるの!?」と思う方もいるかもしれませんが、バッテリー交換の他、本体とスクリーンの圧着作業があるためこれだけの時間がかかるようです。

あとは、作業終了を待って修理後の本体を受け取りましょう。

【交換手順9】iPhone6sにバックアップを復元

最後に事前にバックアップをとった内容をバッテリー交換後のiPhoneに復元しましょう。

iTunesに作成したバックアップをiPhone6sに戻す方法は、過去に作成した記事[【徹底解説】たった5STEP!iPhone5sからiPhone6sへデータ移行する方法]をご参照下さい。

【番外編】発生パターンの整理

様々な方から、バッテリー交換や本体交換に関する実績のお便りをいただいたため、発生パターンを整理しました。

No.対応場所対応内容代替機有無サービスの受け方備考
1代理店・Apple Storeバッテリー交換無し来店予約・これが修理の基本形。
・バッテリーの在庫があれば即日修理可能。
 ※ただし、2016年12月時点ではバッテリーの入荷日未定
2工場バッテリー交換無しオペレータへ架電・自分のiPhoneを集荷してもらい、工場で修理してもらうパターン。
・代替機の手配は自分でキャリアに相談する必要あり。
3工場バッテリー交換有りオペレータへ架電・Apple Care+ 加入者のみ選択可能な可能性有り。(※皆さんからの実績報告からの推測)
・代替機が送られてき、自分のiPhoneを修理へ出すパターン
4工場本体交換無しオペレータへ架電・Apple Care+ 加入者のみ選択可能な可能性有り。(※皆さんからの実績報告からの推測)
・不具合が解消されたiPhoneが届くので、自分のiPhoneを返送するパターン。

【ご参考】iPhone関連グッツ

まとめ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

簡単にこの記事を纏めます。

①iPhone6sの交換プログラム対象かどうかを確認するには、無償交換プログラムの特設ページ(iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues)が一番早い。
②交換プログラムの対象だった場合は、バッテリー交換が受けられる。
③交換プログラムに出す際には、[【徹底解説】たった5STEP!iPhone5sからiPhone6sへデータ移行する方法]を参考にバックアップを取る。
④実際に交換へ出す。※在庫がない場合は入荷待ち。
⑤バッテリー交換後のiPhone6sに対して、バックアップを戻す。

【更新履歴】

[2016/12/03] WEB上で交換有無を確認出来るページが新設

従来、お持ちのiPhone6sが交換対象かどうかの確認は実店舗、または電話のみでした。

しかし、現在はシリアル番号を入力し、交換対象かどうかを確認できるようになっています。

この変更を当記事に反映しました。

[2016/12/07]【お詫び】本体交換は実施無し「バッテリー交換のみ」

代理店のご担当者より「本体交換は実施していない」旨、連絡をいただきました。

この度は皆様に対して、ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

記事について「バッテリー交換のみ」である旨、修正しております。

[2016/12/09]バッテリー入荷待ち

来店予約していた代理店を訪れ、バッテリー状況診断を受けた状況を更新しました。

[2016/12/29]発生パターンの整理を実施

皆さんから「本体交換してもらったよー」や「バッテリー交換したよー」等の連絡を受け、現在発生している対応パターンを整理しました。

ご連絡ありがとうございます。

[2017/01/16]iPhoneのバッテリー交換完了

うみにん家族が保有する2個のiPhone6sのバッテリー交換作業が完了したため、記事を更新しました。

コメントやSNSシェア、ブックマークをお願いします!*\(^o^)/*

share1

今回の記事に、あなたの欲しい情報は含まれていましたか?

この記事が少しでもあなたの役に立った場合は、このすぐ下のコメント欄に「役に立ったよー!」や「ありがとう!」等の投稿をお願いします(*^^*)

皆さんからのコメントが、うみにんのブログ執筆のやりがいに繋がっております。

以上、うみにんがお伝えしました!!

スポンサーリンク

皆さんからの「ありがとうメッセージ」
  1. 愛知匿名オヤジ より:

    50才になるオヤジですが、大変分かりやすく助かりました。ありがとうございますm(__)m

    • うみにん より:

      愛知匿名オヤジさん

      こんにちは!管理人のうみにんです。
      コメントをくださり、ありがとうございます!
      とても嬉しいです。

      当サイトにはiPhoneに関する記事を様々用意しておりますので、
      お時間ある際にご覧いただければ嬉しいです。

      そして、iPhone6sの交換プログラムを無事に受けれることを
      願っております。

  2. はらぺこまーぶる より:

    はじめまして。
    自分の6sも対象だったのですが、このバッテリー交換プログラムは
    持ち込んだ自分のiPhoneの電池のみ交換するのではなく、
    本体ごと交換になるのでしょうか?

    • うみにん より:

      はらぺこまーぶるさん

      初めまして!管理人のうみにんです!
      コメントを下さり、ありがとうございます。嬉しいです!
      早速、いただいた質問に回答しますね。

      私がAppleのオペレータに電話で聞いた際には「代理店では基本的に
      本体交換」で「工場ではバッテリー交換」という説明を受けました。

      もし、本体交換ではなく、バッテリー交換を望んでいるのであれば、
      「工場に郵送+代替機(キャリアのiphoneの場合)」の選択肢を取るか、
      アップルストアに相談してみてはいかがでしょうか?
      もしかしたら他にも策があるかもしれませんので!(*^^*)

      [2016/12/12追記]お詫び
      はらぺこまーぶるさん

      既にコメント欄や本文にて記載しているとおり、今回の交換プログラムは
      「本体交換ではなく、バッテリー交換」です。
      前回回答したコメントに間違いが生じておりますので、ご連絡として
      追記いたしました。大変失礼いたしました。

  3. 管理人様へ より:

    お世話になっております。
    iphoneの修理に関して代理店で対応している者です。
    当記事に記載されている内容、交換プログラムに関して代理店では本体交換になるとの内容は誤った内容です。
    オペレーターに確認をされたとの事ですが、オペレーターの方の誤りだと思います。
    代理店では基本的に一律バッテリー交換で統一されております。
    正確な内容はAppleのホームページに記載されている内容の通りになります。
    また、当記事を読まれて来店されたお客様とトラブルが起きておりますので、記事の訂正をお願い致します。

    • うみにん より:

      iPhone修理代理店 ご担当者様

      管理人のうみにんと申します。
      この度は、当サイトの記事内容によって、ご迷惑と混乱を招いてしまい、
      申し訳ございません。
      「バッテリー交換のみ」が正しい旨、ご連絡ありがとうございます。

      早速、当記事の全ての記載を修正すると共に、更新履歴にも間違いの旨、
      記載しております。今一度、記載内容のご確認をお願い致します。

      繰り返しにはなりますが、当サイトの間違った情報が混乱を招いてしまった
      ことに関して、申し訳ございませんでした。

  4. やま より:

    自分もiPhone6sのリコールに引っかかったので代理店に問い合わせたところ、バッテリーの交換のみと言われました。
    本体交換は基本どこにいってもやってないとのことです。
    自分のiPhoneはガラスが割れているのでなんとか本体交換をしたいのですが…

    • うみにん より:

      やま さん

      こんにちは、管理人のうみにんです。
      コメントの投稿、ありがとうございます。

      コメントや更新履歴に記載の通り、今回の「本体交換」という情報は
      間違いだと判明致しました。(私も今週末に代理店へ来店予定だったため、
      実際の交換までには至っておりませんでした。)

      オペレータに確認したとはいえ、結果的に間違った情報をお伝えしてしまい、申し訳ございません。

      今週末は「バッテリー交換」をしてもらいに行ってきます。。。

  5. nor より:

    リコール発表後すぐに、オペレーターと直でやり取りしました。
    日数は掛かるが、自宅に交換品が送ってくるシステムがあるようです。
    ただし、返却がなければそれ相当の金額がクレジットで落とされるとの事。

    本日無事に新品が届き、その場で不具合品を回収してもらいました。
    これって私だけですか???

    • うみにん より:

      nor さん

      こんにちは!管理人のうみにんです。
      経験談の投稿、ありがとうございます。

      交換品のシステムについて教えてくださりありがとうございました。
      ちなみに、norさんはapple care加入者ですか?

  6. nor より:

    加入しています。

    近くでバッテリー交換できる所がなく相談。
    ほぼ電話で受付終了し、クレジット入力だけで済みました。
    とても丁寧で良い対応でした。

    • うみにん より:

      norさん

      こんにちは!管理人のうみにんです。
      早速の返信、ありがとうございます。大変助かりました。

      おそらくnorさんが受けたサービスはApple Care+に含まれている
      エクスプレス交換サービスだと思います。

      そして今回のバッテリー交換プログラムと、norさんの環境を総合的に考慮し、
      エクスプレス交換対象と認定されたのですかね。。

      いずれにせよ、norさんのおかげで、このバッテリー交換プログラムについて、
      Apple Care+加入者がオペレータに相談した場合、「本体交換」が選択肢にある
      ことが分かりました。
      ※もしかしたらこのバッテリー交換プログラムで一時的に「本体交換」という話が
      出たのも、Apple Care+が絡んでいる可能性がありそうですね。。
      ※うみにんはApple Care+非加入です。。

      とても有益な情報をありがとうございます!!

      • b より:

        はじめまして。
        私もいま、交換プログラムのバッテリー待ち(返却待ち)をしています。
        私はAppleCareに加入済み、エクスプレスで本体を送りましたが、あくまでもバッテリー交換のみです。本体交換ではありません。
        代替え器が送られてきて、バッテリー交換が済み次第、本来の自分のiPhoneが送られきて代替え器と交換するというシステムです。

        • うみにん より:

          bさん

          こんにちは!管理人のうみにんです!
          コメントの投稿、ありがとうございます。とても嬉しいです。

          bさんの事例報告を受け、現在発生している対応のパターンを
          見出し名「【番外編】発生パターンの整理」にて整理しました。
          (bさんのパターンはNo.3で合っていますよね?)

          Apple Care +の加入有無がこういう部分で影響していることを
          実感する良い経験になりました。
          次回、買い換える際はApple Care +に加入したいと思います><

  7. nor より:

    なるほど やはりレアケースだったんですね。
    Apple Care+加入していて助かりました。

    オペレーターと直接やり取りしたのが正解だったみたいですね。
    いずれにしても「本体交換」して頂きましたのでラッキーでした。

    大変勉強になりました。ありがとうございました。

    • うみにん より:

      norさん

      こんにちは!管理人のうみにんです。
      今になってApple Care+に加入しておけばよかったと後悔してます。。
      まぁ、バッテリーを交換してくれるだけ有り難いですよね。

      こちらこそ、大変勉強になりました。
      ありがとうございます!
      今後も、当サイトに気軽に遊びに来て頂けると嬉しいです(^^)

  8. らっきぃ より:

    こんにちわ。

    私も対象のiPhone6sでしたが、アップルサポートに電話したら、
    交換方法が3種類あって、アップルストアに持ち込むか、自分のiPhone6sを送って
    修理してもらうか、本体を送ってもらって自分のiPhone6sを送り返す、という方法が
    あります。

    私は「ほぼ新品」の言葉につられて、本体を送ってもらって自分のiPhone6sを送り返すという
    方法を選択したのですが、届いたのは結構微妙なものでした。自分のiPhone6sの方が綺麗
    だったかも・・・。

    でも、持ち込みとかしない分時間もかかりませんし、検討の価値はあると思います。

    • うみにん より:

      らっきぃさん

      こんにちは!管理人のうみにんです!
      コメント投稿、ありがとうございます。とても嬉しいです。

      交換方法が以下の3点存在する旨の、連絡ありがとうございます。
      ①アップルストアでのバッテリー交換対応
      ②工場でのバッテリー交換対応
      ③新品同様の本体を送ってもらって自分のiPhone6sを送り返す対応

      ちなみに、らっきぃさんはApple Care+に加入していますか?
      様々な方の経験をもとに整理すると、Apple Care+加入者には③が
      案内されているのでは?と予想しています。

  9. らっきぃ より:

    電話したときに、そんなことは尋ねられなかったので、
    気にしていませんでしたが、確かに加入しています。

    電話がつながるまでは時間がかかりましたが、
    サポートにつながれば、アドバイザーが親切に対応してくれ、
    地方ですが3日間で交換が完了しました。

    クレジットカードの番号を求められますが、現品を送り返して、
    ガラスが割れていたり、水没した形跡がなければ、お金は当然
    引き落としされたりはしないそうです。

    • うみにん より:

      らっきぃさん

      こんばんは!管理人のうみにんです。
      お返事ありがとうございます!嬉しいです。
      私が電話した際には「シリアル番号やIME番号」を元にApple Care+の
      加入有無を確認しているとオペレータさんが言っていましたよ☆

      私は結果的に代理店でのバッテリー交換を選択しましたが、最後まで
      「うみにん様に最適な問題解決方法を…」っていうフレーズを言っていただき、
      オペレータさん(アドバイザーもスペシャリストも両方)の質の高さを感じました。

      「③新品同様の本体を送ってもらって自分のiPhone6sを送り返す対応」を
      選んだ場合に、修理品(自分のiphone)の保証のため、クレジットカード番号
      を伝える必要がある旨、教えていただき、ありがとうございます。

      年内中にこの内容を当ブログに追記させていただきますね。
      ちなみに、交換後はiphone6sの不具合(突然のシャットダウン)は直りましたか?

コメントを残す

iPhone, ITの関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたへのオススメ記事