スポンサーリンク

20160412-2

この記事を読めば、利用人数が年々増加しているつくばエクスプレス(通称TX)で、 座席に座れる確率が格段にアップします。また、つくばエクスプレス以外でも活用できるノウハウですので、サラリーマンは必見です。

こんにちは!毎日、通勤片道2時間を経験していた管理人のうみにん(@11tejun)です。

サラリーマンにとって「帰りの座席が座れるかどうか」はかなり重要なことです。

大阪や名古屋の人は驚くかもしれませんが、関東の電車は身動きがとれないほど混んでいます。

数字にすると乗車率150%〜200%です。

200%がどれほどのものなのか想像出来ない方は「体が斜めで止まっている状態、鞄が人に挟まって落ちない状態」といえば少しでも想像が付くでしょうか。

サラリーマンにとって、座席に座れるかどうかで、その時間を有意義に過ごせるかどうかが決まってくるのです。

その象徴となっているが始発駅の座席取りです。

扉が開くと一気に人が座席に向かって駆け込む。

座席が取れれば天国、取れなければ地獄、そんな世界です。

今日は、つくばエクスプレスを利用されて帰宅される方向けに、帰宅の際、始発駅の秋葉原でいかに座席にありつけるか、私の独自の戦略を伝授したいと思います。

スポンサーリンク

「つくばエクスプレス」とは

つくばエクスプレスとは、秋葉原〜つくば間の約58kmを最短45分で結び、 最高速度は時速130kmを出す、比較的新しい路線です。

全での駅にホームドア完備、踏切無し、高架化、及びトンネル化、自動運転により都内でも 遅延が限りなく少ないのが特徴です。

実際に乗車していると最長18kmのロングレールを採用しているので、ガタンゴトンが限りなく少ないと感じる点も特徴の一つです。

2005年に開業するにあたって採算性を疑われる局面もありましたが、開業後、八潮・南流山・流山おおたかの森・守谷という地域が開発され、現在は爆発的に利用者が増えております。

スポンサーリンク

始発駅の秋葉原で「座席取り合戦」

そんな大人気、つくばエクスプレスは帰り(下り)の始発駅である秋葉原では連日、座席取り合戦が行われています。

ドアが開くと同時に大量に人がかけ乗って行く光景は、慣れれば普通ですが、慣れない方は驚くことでしょう。

この状況において、「座りたいなぁ」と思うのが、サラリーマンの本音ではないでしょうか。

そんな状況において、役に立つのが今回の方法です!

電車に座れるかどうかは乗車時の「分岐点」で決まる

人間は人生において分岐点が沢山あると言われていますが、電車に乗車する際にも1個の分岐点があります。

「右に曲がるか、左に曲がるか」です。

乗り込んでからどちらに曲がるかを考えている方、それでは他の人に座席を取られてしまいますよ。

なんせ後続には大勢の乗客がいるのですから。

1秒考えて立ち止まると少なくとも1,2人には抜かれてしまいます。

ではどうしたら良いのか。

左右に座席が何個あって、自分が乗り込むまでに左右に何人車内へ入ったかを数えるのです。

座席を取る確率をUPするには「座席の数」と「人数を数える」

具体例を出しながら説明していきましょう。

以下の図のように、つくばエクスプレスの座席はボックス席型の車両が多いです。

20160412-top

Aから乗車した場合は、左に6人分、右に約8人分の座席があることが分かります。

同様に、Bから乗車した場合は左に約8人分、右に約8人分の座席があります。

※あえて「約」と入れているのは、青色の座席を乗車口Aから乗ってきた乗客にとられる等のケースがあり、数に前後が生じるためです。

あなたがAの乗車口の10人目で並んでいる場合

あなたが、Aの乗車口の10人目に並んでいる場合、電車のドアが開いて1〜9人目の人が左右どちらに乗車したかをカウントします。

もし左に6人曲がった場合、右に4人曲がっているので、論理上は左側は座席が一杯で、右側に約4人の座席が残っている計算になります。

あなたがBの乗車口の20人目に並んでいる場合

このケースだと、通常なら「立つ」もしくは「次の電車を待つ」ことを考えてしまいますよね。

しかし、その判断をするのはまだ早いです!!

あなたの前に並んでいる乗客が左に13人進んだ場合、右に7人進んでいるから、(理論上は)右に1席空席がある!!

という計算に行き着くわけです。

今、この方法を疑ったあなたへ

私は3年間、つくばエクスプレスを使用してきました。

そして、この方法を実践することによって明らかに座れる回数が増えました。

初めの数回は慣れていないので難しいかもしれません。

しかし、座席数が頭に入るようになると簡単に乗車時の「分岐点」をクリアすることができます。

嘘だと思うかもしれませんが、「百聞は一見にしかず」という言葉がある通り、一度試してみる価値ありですよ。

まとめ

今回の記事はいかがでしたか。

サラリーマンにとって帰宅の際に座席に座れるかどうかは、天国と地獄ぐらい違います。

今回の記事を簡単に纏めます。

つくばエクスプレスの始発駅、秋葉原において座る確率を上げるには「乗車時の分岐点(右or左)を瞬時に判断」する必要がある。

そのためには「座席数の把握」と「乗客の動きをカウント」することが重要になります。

周りの人へシェアをお願いします!

share1

この方法が少しでも役に立った場合は、コメント欄に喜びの声をお願いします!!気軽にコメントいただけると嬉しいです♫

以上、サラリーマンの負担を軽くしたい一心で書いた記事でしたー!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたへのオススメ記事