マリオット白馬に子連れで無料宿泊した際の感動体験6個を解説
コートヤード・バイ・マリオット白馬に子連れ4人で宿泊できるか心配です。
また、そもそもマリオット ボンヴォイカードの無料宿泊特典で白馬にするかどうか悩んでいるので、実際に宿泊したときの体験を聞きたいです。

 
こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  1. 【結論】夫婦+4歳+8歳でも無料宿泊可能
  2. 【感動体験1】ウェルカムドリンクと桜餅
  3. 【感動体験2】無料アップグレード
  4. 【感動体験3】誕生日プレート
  5. 【感動体験4】大浴場(露天風呂)
  6. 【感動体験5】夜鳴きそばとシューアイス
  7. 【感動体験6】朝食バイキング

 
本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、マリオット ボンヴォイカードの特典により、子連れ家族4人でコートヤード・バイ・マリオット白馬に無料宿泊してきました。

 
今回は、コートヤード・バイ・マリオット白馬に初めて泊まる方でも自分がどんな体験を受けられるのかについて解説します。

初めてコートヤード・バイ・マリオット白馬に宿泊する人は、「本当に家族4人が無料で宿泊できるの?」と不安に思いがちですが、子連れならではの視点でポイントをおさえておけば、めっちゃ快適な宿泊を過ごすことができます。

実際に僕はこの記事で紹介する体験を受けることができ、家族と良い時間を過ごすことができました。

<BEFORE>

子連れ家族4人でコートバイマリオット白馬に泊まれるか不安…。だれか同じ状況で白馬に泊まった人いないかな…。

 

<AFTER>

実際に自分と同じ家族構成の体験談が聞けて役に立った!これで、コートバイマリオット白馬に安心して予約できる!

 

この記事を上から下まで読むと、あなたがコートヤード・バイ・マリオット白馬に宿泊するときのイメージを疑似体験することができます。
 

約3分で読めるので、コートヤード・バイ・マリオット白馬に初挑戦したい方は最後まで読んでください。

【結論】夫婦+4歳+8歳でも無料宿泊可能でした


結論、夫婦+4歳+8歳の4人家族でも無料宿泊することができました。

理由は子供が以下取扱いになるからです。

<子供の取り扱い>
4歳(未就学児):添い寝につき無料
8歳:エキストラベットが追加だが、リワード経由の予約なので無料

 
また、この記事があなたとフィットするかどうかを確認できるように、我が家の家族構成などを載せておきますね。

<僕の状況>
・家族4人(夫婦+8歳+4歳)
・マリオットのゴールドエリート会員
・3月の平日金曜日に宿泊
・妻の誕生日祝いを兼ねる

ここからは実際に僕が体験したコートヤード・バイ・マリオット白馬の体験を、ポイントを絞って紹介したいと思います。

【感動体験1】ウェルカムドリンクと桜餅

マリオットの感動体験は到着時のチェックインから始まります。

なぜなら、ウェルカムドリンクと桜餅*をいただくことができたからです。

*期間限定での提供のようです。

<ウェルカムドリンク>

→コーヒー、水だけでなく、りんごジュースが置いてあることに感動でした。

<桜餅>

→桜餅は季節によって変わるようで、僕はちょうど切り替わったタイミングでの宿泊だったようです。

チェックインは他の宿泊客とタイミングが重なることがあるのですが、ウェルカムドリンクや桜餅を堪能している間に自分の番が回ってきました。

<チェックイン時刻>
コートヤード・バイ・マリオット白馬のチェックイン時刻は15:00〜です。

【感動体験2】無料アップグレード

今回、ゴールドエリート特典である無料アップグレートが適用されました。

その結果、和洋室デラックスを利用できることに。

<予約した部屋:スーペリアルーム>

(画像引用元:コートバイマリオット白馬公式サイト

<実際の部屋(212号室):和洋室デラックス>

→露天風呂付き客室にアップグレードされたケースは諸先輩のブログから想像してましたが、和洋室デラックスにもアップグレードされるとは予想もしてなかったのでめっちゃ嬉しかったです。

<参考:子連れ目線>
コートヤード・バイ・マリオット白馬のベッドは小さな子供を寝かすには少し怖いと思います。

理由は比較的高さがあるベッドだからです。

今回は敷布団がある部屋だったので夜中も自由に寝返りを打っていました。

【感動体験3】誕生日ケーキ

記念日にマリオットを予約・事前にデスク経由でホテルに申し伝えると、ホテルからお祝いしてもらえることがあります。

今回は妻の誕生日祝いを兼ねての宿泊だったのですが、お祝いメッセージプレートをいただきました。

→部屋に到着後30分ぐらいしての出来事だったので、いい感じのサプライズになりました。

【感動体験4】大浴場(露天風呂)


*誰も居ない貸切状態の時です。

コートヤード・バイ・マリオット白馬は、大浴場がおすすめです。

なぜなら、露天風呂があるからです。

息子と雪をを見つつ、温泉に浸かるという冬ならではの良い時間を過ごすことができました。

その他、浴場の特徴は次のとおりです。

<主な特徴>
・比較的コンパクト
・トイレあり(1個)
・シャワーのお湯の量が多い
・シャンプー、コンディショナー、ボディソープ完備

 
→ドライヤーは小柄なので持参したほうが良いかもです。

妻と娘も髪の毛を乾かすのに一苦労していましたので。

<プチ知識>
大浴場エリアに入る直前にウォーターサーバーが設置してあります。


お風呂上がりのウォーターサーバーの水は絶妙に美味しく感じるので、ぜひやってみてください。

僕だけでなく、子供たちも喜んで飲んでいました。

【感動体験5】夜鳴きそばとシューアイス

お風呂で旅の疲れを癒したら、小腹を満たすおもてなしが準備されています。

・夜鳴きそば(1組2個まで):20:00以降は長野限定のカップラーメンに変更
・シューアイス(子供の人数分)

 
僕は「夜鳴きそば」が大好きなのですが、今回は間に合わずカップラーメンをいただきました。

<参考:カップラーメンについて>
後から知ったことなのですが、この長野限定ラーメンは2種類あるようです。

そして、残ったスープにご飯を入れると2度美味しいようです。

…ということで、旅行後にラーメンを食すとともに雑炊までやっちゃいました(笑)

→食べる前は味噌のこってり味なのかな?って思っていましたが、意外にもあっさりしていました。

【感動体験6】朝食バイキング

コートヤード・バイ・マリオット白馬に宿泊するなら朝食バイキングをつけたほうが良いと思います。

なぜなら、非日常の空間と厳選された料理を楽しむことが出来るからです。

→僕はプラチナエリート会員ではなく、ゴールドエリート会員なので大人2名で7,300円を支払いましたが、それに満足する内容だと思います。

<主な特徴>
・大人1人3650円(税込)
・空間が非日常
・食べ物が小盛りなので頻度高く交換
・ご飯のお供が豊富

 
一般的なビュッフェは大皿に大量の料理が乗っていることが一般的ですが、コートヤード・バイ・マリオット白馬は小盛りというのが印象的でした。

これは出来たての新しい料理がどんどん出てくるということです。

また、長野県らしく御飯のお供が多い印象です。

こんな感じで野沢菜やトロロなどご飯好きにはたまらない食材が揃っていました。

よくある不安として「子供料金はどうなの?」と不安に思われる方も多いと思います。

 
私も宿泊当日まで不安でした。

結果的には、ゴールドエリート会員は子供の朝食は無料だそうです。

よって、朝食料金がかかるのは大人のみです。

まとめ

今回、家族4人(夫婦+4歳+8歳)でコートヤード・バイ・マリオット白馬に無料宿泊してきました。

結論、このホテルは「もう一度利用したい」「今度は2泊してゆっくりした時間を楽しみたい」と心から思えました。

理由は次のとおり。

<理由>
・この記事で紹介した体験があったこと
・何気ない気遣いがあったこと
 →雨の日の傘やタオルが入り口においてある
・素直に時間を楽しめたという余韻が残っていること

 
「マリオット系列なのでどこのホテルも同じだろうな」って思っていましたが、その予想を良い意味で覆されました。

→もし、この記事を読んでいるあなたが家族連れでコートヤード・バイ・マリオット白馬での宿泊を考えているのであれば、ぜひ挑戦してみてください。

あなたへのお願い

今後もあなたの悩みを解決する記事をどんどんアップしていく予定です。

このサイトが少しでも「役に立った!」と感じていただけたら、以下twitterのフォローをいただけると嬉しいです!

フォローいただけると、当サイトを定期的に確認しなくても記事作成時にあなたへお知らせします。

皆さんからのコメントや反応がやりがいで続けているので、ぜひ温かく見守っていただけると嬉しいです。

記事の新規投稿をあなたにお知らせします。
引き続きこのサイトに来たいなって感じていただけたらポチッとお願いします!(*^^*)

リンクを貼っていただくことも大歓迎です!

Twitterで記事の新規投稿通知を受け取る!