全貌解明!「Apple Payに接続できませんでした」の解決策3個

iPhoneのWalletアプリに表示されるエラー「Apple Payに接続できませんでした」の原因と対処方法を説明します。

以前公開した記事「「Apple Payに接続できませんでした」の原因・解決方法とは」が皆さんにとても反響があり、事象と原因/解決策が明確になってきたので再整理します。

2016/10月にApple Payが公開されて以降、街ナカでiPhone片手に支払いを行う人が増えてきましたね。

小銭を出す必要が無い「スムーズな決済」が実現されつつあるので、個人的に便利な世の中になりつつあるのかなーって感じてます。

ご存のとおり、Apple Payを開始するにはクレジットカードをWalletアプリに登録しなければなりません。

しかし、クレジットカードを登録しようとした際、「Apple Payに接続できませんでした」エラーが出てしまい、途方にくれている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回!

Apple Payのクレジットカード登録時のエラーに困っている方向けに、原因と対策を分かりやすく説明します!

スポンサーリンク

【事前知識】「設定」「Wallet」どっちでモバイル通信?

「Apple Payに接続できませんでした」エラーを解決するためのミソは、モバイル通信を「設定アプリ」「Walletアプリ」どちらで行うか?です。

言い換えるとWalletへのクレジットカード登録は「設定アプリ」「Walletアプリ」の2パターンあり、そのパターンに応じてモバイル通信を許可する必要があるのです。
 

うみにん
わからない場合は「設定アプリ」も「Walletアプリ」も両方、モバイル通信を許可すればOKです!

設定アプリ経由の登録とは

おそらく大抵の人がこちらのパターンが原因で行き詰まっているのだと思います。

iPhoneの[設定]→[WalletとApple Pay]→[カードの追加]と進む方法です。

この方法でクレジットカードを登録しようと思っている方は下の【解決策1】へと進んでください。

Walletアプリ経由

もう1つのパターンがWalletアプリを直接起動して、クレジットカードを登録する方法です。

ホーム画面にある(または、ホーム画面で「Wallet」と検索して出てくる)Walletアプリを直接起動し、プラスマーク(クレジットカード追加)を押下しようと思っている方は下の【解決策2】へと進んでください。

【解決策1】「設定アプリ」のモバイルデータ通信許可

[設定]→[モバイルデータ通信]を選択し、モバイルデータ通信を使用するアプリ一覧にある[設定]アプリがOFFになっているかと思います。(写真真ん中)

この状態では、設定アプリがモバイル通信を利用することができず、「Apple Payに接続できませんでした」のエラーを表示してしまうのです。

なので解決するにはこの設定をONにしてください。(写真右)

【解決策2】「Wallet」をモバイルデータ通信許可する

[設定]→[モバイルデータ通信]を選択し、モバイルデータ通信を使用するアプリ一覧にある[Wallet]アプリがOFFになっているかと思います。(写真真ん中)

この状態では、Walletアプリはモバイル通信を利用することができず、「Apple Payに接続できませんでした」のエラーを表示してしまうのです。

なので解決するにはこの設定をONにしてください。(写真右)

【解決策3】Wi-Fiに接続した状態にする

解決策1(設定アプリのモバイル通信許可)と解決策2(Walletアプリのモバイル通信許可)で解決しない場合、自宅等のWi-FiにiPhoneを接続し、設定アプリ経由またはWalletアプリ経由のクレジットカード追加を行ってください。

深堀り解説:Applepayでお得なカードはどれ?

最後に一つだけ深掘り解説です。

これからご自身が持っているクレジットカードをApple Payに登録して使い始めると思います。

せっかくApplePayを使えるようになったのだから、何かお得な恩恵受けれないの?と思われる方も多いと思います。

 

  1. 楽天カード:利用額の1%をポイント還元
  2. dカード:利用額の1%をポイント還元

 
→私も同じことを考えて調査しましたが、このあたりが王道だと思います。

とはいえ、これらはクレジットカードの商品性であり、Apple Pay(QUICPayやiD)を使用することによる恩恵ではなかったです。

なので、今のところはご自身のメインカードを登録するで良いかと思います。

【更新情報(2021/10)】:なんと、3%還元のセゾンパールアメックスがお得かも。
→セゾンパールアメックスって選択肢が出てきました。QUICPayの支払いに対してポイント還元率が3%になります。Amazonギフト券8,000円分が貰える紹介キャンペーンも同時にやっているようです。(条件あり)
初年度&年1回の利用で年会費が無料なので、とりあえず試してみるのも良いのかなと思います。

» 【年会費無料】セゾンパールアメックスはコチラ(紹介者専用)

まとめ


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

とても嬉しいです。

Apple Payによって支払いを電子化すると、小銭を探す手間(時間)が省け チリツモで時間の節約に繋がります。

ぜひ、Waletへクレジットカードを追加し、Apple Payを開始しましょう。

最後になりますが簡単にこの記事をまとめておきたいと思います。

①:Walletへクレジットカードを追加する際、Walletを設定アプリ経由で起動するか、または直接起動するかを意識することが大切。
②:モバイル通信許可は①で決めたパターンに応じて、適切なアプリをONにしなければならない。

・設定アプリ経由で起動の場合…設定アプリにモバイル通信許可を与える
・直接起動の場合…walletアプリにモバイル通信許可を与える

あと、もう少しお時間ある方は以下も覗いてもらえると嬉しいです。

 

あなたへのお願い

この記事があなたの困りごと解決に繋がった場合は、「うみにんの欲しい物リスト(Amazon)」から寄付をお願いしています。

 

 

「助けられたから、コーヒーおごるよ!」的な感じのお声がけをお待ちしてます。

[06/12]読者さまからブレンディいただきました!「【超感謝!】Amazon欲しい物リストからプレゼントが届いた話」で感謝のメッセージを載せております。

うみにん
本当にありがとうございます。

おしまいっ!!

あなたへのお願い

今後もあなたの悩みを解決する記事をどんどんアップしていく予定です。

このサイトが少しでも「役に立った!」と感じていただけたら、以下twitterのフォローをいただけると嬉しいです!

フォローいただけると、当サイトを定期的に確認しなくても記事作成時にあなたへお知らせします。

皆さんからのコメントや反応がやりがいで続けているので、ぜひ温かく見守っていただけると嬉しいです。

記事の新規投稿をあなたにお知らせします。
引き続きこのサイトに来たいなって感じていただけたらポチッとお願いします!(*^^*)

リンクを貼っていただくことも大歓迎です!

Twitterで記事の新規投稿通知を受け取る!