【整備手帳】たった4STEPでVOXYのエアーフィルタを交換する方法
VOXY(70系)のエアーフィルターを交換したいのですが、今まで自分の手でメンテナンスしたことがありません。そんな私でも交換はできるものですか?

 
今日は、こんな悩みを解決していきたいと思います!

本記事の内容

  1. 【結論】エアーフィルターは素人でも交換可能
  2. 【前段】エアーフィルターとは【エアコンフィルターと間違えやすい】
  3. 【効果】エアーフィルターの交換目安やメリット
  4. 【交換手順1】エアーフィルターを購入
  5. 【交換手順2】空気取り入れ口を開ける
  6. 【交換手順3】フィルタを交換する
  7. 【交換手順4】エンジンをかける

 
→今日はこういった順序で、エアーフィルターが何か分からない状態から、次のアクションが起こせるようになるまでを解説します。

本記事の信頼性

こんにちは、うみにん(@11tejun)です。

この記事を書いている僕は、完全素人でありながらインターネットの情報を集めるうちに自分で愛車VOXYのメンテナンスを行えるまでになりました。

 
今回は、VOXY70系のエアーフィルターを交換する方法を解説します。

初めて車の整備をしようとする方は「何かとても難しいんじゃないかな…」と不安になるものですが、実はとてもシンプルな流れで交換出来てしまいます。

理由は、車はメンテナンスされやすい作りになっているからです。

この記事を上から読み進めていただくことで、完全初心者のあなたが次のアクションを起こせるようになるまでサポートしていきたいと思います。

<記事を読む前(今)のあなた>

エアーフィルターの交換って難しいかな。でも自分でメンテンナンスすることでコストを抑えたい気持ちもある…。

 

<記事を読んだ後のあなた>

この流れなら自分でも試して見る価値ある!具体的な作業イメージが付いたので、ぜひ挑戦したい。

 

約5分で読み切れる分量を意識しているので、自分でエアーフィルターを交換したい方は最後まで読んでください。

ちなみに、エアコンフィルターの交換方法を求めて検索された方は以下を見てください。

» 超簡単!VOXYのエアコンフィルターを5分で交換する方法とは

スポンサーリンク

【結論】エアーフィルターは素人でも交換可能

先に結論を書くと、完全初心者でもエアーフィルターの交換は可能だと思います。

理由は次の通り。

<理由>
・そもそも車はメンテンナンスがしやすい設計になっている
・作業内容もボンネット内の一部のカバーを開けるだけのシンプルなもの
・完全初心者の僕でも30分ぐらいで作業終了できた

 
→実際にエアーフィルターを交換した僕が思うのは「一度経験すれば次回は大丈夫!」ということです。

それでは、主要な知識や作業内容の解説に入りたいと思います。

【前段】エアーフィルターとは【エアコンフィルターと間違えやすい】


(写真は実際に50,000キロを走ったVOXYのフィルターです。)

エアーフィルタとは「エンジンで使用する空気を綺麗にする物」です。

なぜこのようなフィルタ交換が必要かというと、道路には無数のチリが浮遊しているからです。

<具体例>
・排ガスのスス
・花粉

 
この様なチリをエンジンに送ってしまうと、非効率なガソリンの燃焼に繋がってしまうのです。

だからエアーフィルターは必要なのです。

<参考>
エアーフィルターとエアコンフィルターで混乱する人もいると思います。

その場合は次のようなイメージです。

・エアーフィルターはエンジンに空気を送る際のフィルター
・エアコンフィルターはエアコンに空気を送る際のフィルター

【効果】エアーフィルターの交換目安やメリット

基本的には5年もしくは6万キロで交換といわれています。

これを怠ると燃費が悪くなったり、エンジンの不調に繋がってきます。

また、フィルターを交換するメリットは次の通りです。

<効果>
・燃費の向上
・アクセルを踏んだときの加速力の向上

 
→実際に私も交換してこれらのメリットを感じています。

ココから具体的な作業手順を解説します。

【手順1】エアフィルターを購入

まずは、新品のエアーフィルターを準備します。

いきなりエアーフィルターを準備せよ、と言われても何を買っていいか分からないと思います。

 
→僕も同じ状況だったので、今回使用したお店&商品を紹介しておきますね。
 

※車検証を片手にこのサイトを訪れると、正しい商品を購入することが出来ます。

※購入する際に、車の型番を聞かれるのでお店でもチェックを行ってくださっている様子です。

【交換手順2】空気取り入れ口を開ける

まずは、ボンネットを開けましょう。

するとバッテリーの後ろに太い管と繋がった箱のような物があります。

ここの中の今回交換するエアフィルターが入っています。

thumb_IMG_0003_1024

この箱の外し方はとても簡単です。ドライバー不要です。

次のように2個のクリップを外すだけです。

thumb_IMG_0004_1024

もう少し拡大写真を載せていきます。

まずは右側のクリップの外す光景です。

thumb_IMG_0007_1024

クリップを手前に引っ張れば簡単に解除できます。

次は左側です。同様にクリップを手前に引きます。

thumb_IMG_0005_1024

こちらも簡単にクリップを外す事ができます。

thumb_IMG_0006_1024

このクリップ外しが終わればもうふたを開けることが出来ます。

<ワンポイントアドバイス>
次の写真のように根元の部分を外してあげることによって、スムーズにふたを開けることが出来ます。

thumb_IMG_0010_1024

 
これで中のフィルタが見えましたね。

【交換手順3】フィルタを交換する

いよいよフィルタの交換です。

まずはできる限り蓋を持ち上げ、中の白いフィルタを取り出す隙間を作ります。

そして、中からフィルタを取り出します。

フィルタはおいてあるだけなので、簡単に取り出すことができます。

※ここで蓋の隙間をいかに空けるかが重要です。周りの機器の配線を傷めないように注意しましょう。

thumb_IMG_0011_1024

そして、フィルタを出した隙間から新しいフィルタを入れます。

thumb_IMG_0012_1024

フィルタには上下の向きがあります。

間違っている場合は明らかにはまらないので、綺麗にスポッとはまった場合は方向が正しい証拠です。

あとはクリップを閉めてください。

これで交換が完了です。お疲れ様でした!

【交換手順4】エンジンをかける

最終確認をおこないましょう。

エンジンをスタートさせて、運転席の計器表示(速度メータがある部分)にエラーが出ていないことを確認してください。

いつも通りであれば問題ありません。

お疲れさまでした!

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

エアーフィルターの交換はディーラーやカー用品店でお願いすると工賃がかかってしまうので、節約にも繋がります。

誰でも出来る作業ですので、是非試してみてください!

また、今回の記事以外にもVOXYのメンテナンス記事が多々あります!!

VOXYを自分の手でメンテナンスしたいあなたにとって、ワクワクする記事だと思います。

ぜひ、一度覗いてみてください。

↓↓↓コチラ↓↓↓

あなたへのお願い

今後もあなたの悩みを解決する記事をどんどんアップしていく予定です。

このサイトが少しでも「役に立った!」と感じていただけたら、以下twitterのフォローをいただけると嬉しいです!

フォローいただけると、当サイトを定期的に確認しなくても記事作成時にあなたへお知らせします。

皆さんからのコメントや反応がやりがいで続けているので、ぜひ温かく見守っていただけると嬉しいです。

記事の新規投稿をあなたにお知らせします。
引き続きこのサイトに来たいなって感じていただけたらポチッとお願いします!(*^^*)

リンクを貼っていただくことも大歓迎です!

Twitterで記事の新規投稿通知を受け取る!