【VOXY75系】異音「ウォンウォン」はリヤデフ不具合だった【修理14万円】
車を運転中にどこからか「うぉんうぉん〜〜〜」と謎の音が出るようになりました。走行中に壊れるんじゃないか不安です。経験者の体験やどうやって克服したかを聞きたいです!

 
こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  1. 【経験談】僕の事象
  2. 【結論】家から近いディーラーで見てもらうのが最短・最効率
  3. 【検討過程】僕の悪あがき【時間ばかり過ぎました】
  4. 【修理代】14万円(部品交換10万円+工賃4万)
  5. 【結果】めっちゃ快適!

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はVOXY70系に乗り続けて約12年です。

 

今回は、VOXYの走行中にどこからか「ウォンウォン」と何かが擦れている音がして四苦八苦した経験をシェアしたいと思います。

この異音問題に直面した場合、「どうしよう…何からしたら良いんだろう」と悩みがちです。

しかし、類似の体験談や動いた内容を聞くことで、不安に思う気持ちが和らぐと思います。

<BEFORE>

このまま車に乗っていて突然壊れないか不安。。しかも修理代もどれぐらいかかるのだろう。。

 

<AFTER>

お金はかかるけど、同じ経験をしている人が居て少し不安が和らいだ。次の行動が見えたので早速動きたい!

 
実際に、僕はこの本記事で紹介する方法で約1〜2ヶ月続いた異音問題を解消して、今では快適なドライブを楽しんでいます。
 

約5分間で読み終わるので、少しでも気になった方は最後まで読んでみてください。

 

【経験談】僕の事象

今回の僕が直面した状況についてシェアしたいと思います。

理由は、あなたの事象と同じかどうかのあたりを付けるためです。

<僕の愛車のステータス>
・累計走行距離:14万キロ(2010年購入)
・4WD
・冬は雪道を多く通る

 
→どちらかというとアクティブに車を使用している感じです。

そして、異音はこんな感じです。

<僕の事象>
①時速30kmでウォンウォン音が大きく聞こえる
②前後両方からも音がなっているように聞こえる
③外からでも音が聞こえる
④時速60km以上になるとロードノイズと互角の音量になる
⑤リフトアップして単にタイヤを回すだけでは異音が確認できない

 
特に②の音の出どころと、⑤のジャッキなど簡易的なリフトアップ検査ではわからないのが厄介でした。

ちなみに、音がなり始めたキッカケは愛知県〜伊豆へ往復600kmほど走行した直後です。

もし、この状況に当てはまる場合はこのまま読み進めてください。

【結論】家から近いディーラーで見てもらうのが最短・最効率

結論を先に書くと、家から自転車で通えるディーラーに行くのが良いと思います。

主な理由は次の通り。

<理由>
①カー用品店や街の工場だと原因の特定が出来ない場合がある
②原因がリアデフだった場合に、交換出来るお店が限られる
③代車調整で修理タイミングが遅くなる

 
→実はこれ、僕が全て経験して得た結果です。

細かい話はこのあと書きますが、初めから最寄りのディーラーに行っておけば良かったと思っています。

【検討過程】僕の悪あがき【時間ばかり過ぎました】

僕は次の順に修理の相談をしました。

理由は、トヨタ販売店での修理が高く付くと無意識に思い込んでいたからです。

<僕が訪れたお店と診断結果>

①オートバックス
【検査方法】リフトアップしつつアクセル踏んで異音箇所の確認
【結果】リアデフの不具合に見える。ただ、重量重めの部品なのでオートバックスでは修理不可

②まちの工場
【検査方法】自走と、リフトアップして手でタイヤを回すことで異音箇所を確認
【結果】タイヤのベアリングからに見える。ただ、原因箇所の特定は不可

③トヨタ販売店
【検査方法】リフトアップしつつアクセル踏んで異音箇所の確認
【結果】リアデフの不具合

 
→この①〜③を回るのにお盆期間も挟んだのもあり、1ヶ月かかりました。

振り返るとこの時点で時間を大きく無駄にしちゃってますね。

<参考:リアデフとは>

リアデフ(デファレンシャルギヤ)とは、車後方についている左右のタイヤの回転差を吸収してくれる機器です。

車がスムーズに回るために働いてくれている装置と思ってください。

さらにこの異音問題を調べていると「カップリング」って言葉も出てきます。

これは4WD車についているタイヤが空転した時に四駆モードにしてくれる機器のことだそうです。

【修理代】14万円(部品交換10万円+工賃4万)

今まで説明した経緯でトヨタ販売店に相談した所、30分ほどで原因箇所+対処案を提示いただけました。

<販売店で会話した内容>
・リアデフ周辺から非常に大きな音が出ている
・あまりにも音が大きすぎてリアデフ周辺の「カップリング」なのか「リアデフ」なのか特定しづらい
・「カップリング」と「デアデフ」がセットになったリビルド品の在庫がある

 

→おそらくリアデフ内部のベアリングに不具合が生じていると予想するも分解するのに時間(=作業費)がかかるとのこと。

<見積もり結果>

見積もりはこんな感じです。14万少しアンダーで、この1、2ヶ月の異音への不安要素が全て解消されるなら仕方無いと判断しました。

ちなみに、リビルド品とは中古品です(内部の消耗品は新品を使用)。

<参考:修理タイミングについて>

ここで修理タイミングが半月後になるという話が出ました。

理由は代車が全て出てしまっているから。

部品は1、2営業日で販売店に到着するのに代車の兼ね合いで半月も異音と付き合わないといけないのは辛いです。

なので僕は代車無し(VOXYに自転車を積んで行く方法)にしました。

結果的にこの選択肢で良かったと思っています。自宅から自転車で行ける販売店で良かったと心底思いました。

【結果】めっちゃ快適!

修理は約1日で終了しました。

僕は仕事の関係で木曜日の夜に預けて、土曜日の朝イチに受け取りに行きました。

<修理後の経験>
①走行中がめっちゃ静か
②更に、アクセス踏んでからのレスポンスも良くなった
③その結果、運転中に全く不安が無くなった

 
お世辞抜きで新車に載っているような、そんな体感です。

実際に取替をしたデフ部分も載せておきます。

<修理前>

<修理後>

→真ん中のXってなっている部分が新しくなっているのが分かると思います。

今この記事を書いているのは修理後2週間経過したタイミングなのですが、今でも車が静かで乗れるありがたみを感じています。

【まとめ】

最後まで読んでくださりありがとうございます。

今、思い返しても愛車VOXYから異音がすることに対して相当なストレスを抱えていたと思います。

そんな中、僕はインターネット上に様々な症例記事が上がっていますが、次のアクションまで書いたものが見当たらず苦労しました。

おそらく僕と同じような体験をしている人はいると思うのでこの記事を記録として残しておきます。

 
少しでもあなたの不安解消になれば嬉しいです。

あなたへのお願い

今後もあなたの悩みを解決する記事をどんどんアップしていく予定です。

このサイトが少しでも「役に立った!」と感じていただけたら、以下twitterのフォローをいただけると嬉しいです!

フォローいただけると、当サイトを定期的に確認しなくても記事作成時にあなたへお知らせします。

皆さんからのコメントや反応がやりがいで続けているので、ぜひ温かく見守っていただけると嬉しいです。

記事の新規投稿をあなたにお知らせします。
引き続きこのサイトに来たいなって感じていただけたらポチッとお願いします!(*^^*)

リンクを貼っていただくことも大歓迎です!

Twitterで記事の新規投稿通知を受け取る!